優雅な舟遊びの歴史

風流なセレブの遊びのイメージを持つ屋形船クルーズですが、そのルーツをたどると平安時代の宮人の舟遊びと結びつきます。
古くは日本最古の和歌集である万葉集の歌にも詠まれている宮人の舟遊びですが、平安時代になると川や池泉に船首に龍頭や水鳥などをしつらえた船を浮かべて遊覧を楽しんだとの記録が残っています。
今の時代とも童謡に春の桜や秋の紅葉を愛でたり、漢詩や和歌を詠むための船や船上で琵琶や三味線、胡弓や篳篥、鼓などの楽器を奏でたりと、船の上では貴人たちが日ごろの素養を披露しながら、優雅に時間を過ごす場として利用されていたのが始まりと言われています。

江戸っ子の粋な舟遊び

江戸期に入って天下泰平の時期がやってくると、豪商や有力大名などが自前の船で競い合うように盛んに遊覧船を出して楽しむようになります。
競い合うように船を大型化させ、意匠や造りもゴージャスになっていきます。
1657年に発生した江戸の町を焼き尽くした明暦の大火によって一時期、勢いは鎮静化しましたが、江戸の町の復興とともに以前にも増して盛り上がりを見せ、船の造りは金銀漆などで装飾をするなど絢爛豪華となり贅を極めたものになっていきます。

この時代にはゴージャスな船は武家のみが利用しており、一般の庶民は乗船すらできなかったと言われています。
そこで、粋なことが江戸っ子たちが考え出したのが、一般庶民でも楽しめる屋根船と称する小船で、小さな船を隅田川などの川に出して遊覧を楽しみ始めるようになります。
屋根船は舟の上に小さな部屋が乗ったような形でしたから、ちょうど今の屋形船を彷彿させるスタイルといえるでしょう。

部屋の仕切りは障子ではなく、風流にすだれをかけ、今のように竿ではなく、櫓で船を操ったとされており、その光景はその時代に描かれた浮世絵でも確認ができます。
やがて、大名などが所有する豪華船とは別に質素な船が新造されるようになり、船宿や料理屋が所有するスタイルが登場してきます。
この流れで一般庶民も気軽に粋で風流な遊びが楽しめるようになり、現代に通ずる屋形船のスタイルへと継承されていくのです。

近代の舟遊び

江戸時代に庶民でも楽しめるようになった舟遊びは、明治維新を過ぎ、大正時代から昭和初期にいたるまで人々に楽しまれますが、太平洋戦争の勃発に伴い衰退してしまいます。
戦後復興から高度経済成長期には経済成長で隆盛を極める一方で、公害問題が発生し、東京湾や隅田川では水質汚染や生活排水による悪臭などが発生するほか、殺風景な河川護岸工事がなされた影響かで、ほとんど船が運航されなくなりました。

今のような宴会スタイルの船により、隅田川や東京湾クルーズが再興を遂げたのは、1980年代のバブルの頃にさかのぼります。
豪華な遊びとして世間の注目を集めた時期と、河川環境の改善が上手く重なり合い、暑さ寒さを感じずに快適に乗れるエアコンや最新の水洗トイレ、余興も楽しめるカラオケ完備の現代型の屋形船が続々と登場するようになったのです。

今時の東京の舟遊び

現在、東京では38の船事業者が集まった協同組合が結成されています。
平成3年に隅田川沿いの事業者が集って組織されたあと、観光や宴会船としての屋形船の増加に伴い、江戸川や荒川、深川、港、品川、羽田など多方面にわたって加盟する事業者が拡大しました。

たくさんの船の運航によって海上や河川が非常に輻輳し始めたのを契機に、航行安全をモットーに、事業者の連絡や連携を密にすることを目的に運営されています。
組合員の事業に関する経営の安定継続や技術の向上、安全運航に関する知識の普及を図り、事業者や船頭への教育や情報の提供にも力を入れているので、安心して乗ることができます。
東京湾内や河川での安全な航行と安全で高度な操縦技術の向上、利用客へのサービスの向上が目指されているので、組合加盟の船宿を利用することで、安全かつ快適に江戸時代から伝わる江戸の粋な舟遊びを楽しむことができます。